シマウマの未来

​シマウマは、夢にはじまり、未来へと向かいつづける

IMG_0799.jpg
無題6_20220902135518_edited.jpg

社長 兼 CEO 北村 元(hajimex)

この写真は、シマウマのオフィスがある渋谷スクランブルスクエア39階からの景色です。TOKYO2020が行われた国立競技場にフォーカスしています。日本のシリコンバレーと呼ばれるこの渋谷を拠点にして、SDGs達成のために、世界中の様々な価値観を持った人たちが無限に繋がってるいくことを目的に、国立競技場に世界中のアーテイストを集めて定期的にイベントを行いたい。それが、創業時のシマウマの夢あり、そこからがスタートでした。

 

・シマウマのゴールは、社会を持続可能な成長へと導くこと。

・シマウマのゴールは、世界中の人々を無限大に繋げていくこと。

・シマウマのゴールは、まだ世の中にはない、社会課題の解決のシステムを生み出し続けられるようになること。

 

そして、SDGsの先のゴール、ウェルビーイングに到達させることです。

 

シマウマは、ブランディング事業とエンタメ・カルチャー事業の2軸で展開することで、社会を持続可能な成長へと導いていく会社です。

 

私は、シマウマを立ち上げる前は、一部上場企業から大学、ラグジュアリーブランドまで、さまざまな企業や教育機関のブランディングをしておりました。それは、どのような仕事か紐解きますと、経営支援をしてビジョンの実現に向かわせることで、法人を持続可能な成長へと導いていくとともに、社会全体、そして日本、ひいては、世界中を活性化させていく仕事でした。

しかし、そのゴールである世界中の活性化について、法人のブランディングをしているだけでは限界を感じました。何かが足りないと。

 

そこで、それらを大きく包み込めるようなもう1軸の必要性を感じたのです。

 

私は、もともとミュージシャンもしていて作詞作曲家でもあります。また、もともとサブカルの雑誌の編集者だったこともあり、今でも、新しく湧き上がってくるカルチャーシーンに敏感であり、目利きです。

 

最終的には、人の気持ちをウェルビーイングへと向かわせるのは、法人が活気に溢れているうえで、「エンターテイメントであり、カルチャーだよなぁ」と思ったのです。

 

シマウマは、ブランディング事業とエンタメ・カルチャー事業の2軸で、社会全体を持続可能な成長へと導いていきます。その持続可能な成長を永遠にループさせつづけることが、シマウマの未来でありゴールです。